名古屋における清掃の進め方

名古屋で清掃を行っていくうえで、いかに時間を掛けずに効率よく進めていくかが大事になってくると思います。清掃をやってみると、意外と部屋が広かったと感じますし、何か必要な物があった時にも場所さえ把握していればすぐに出す事が出来ます。掃除する事で得るメリットは多いので、定期的に行うのも良いかもしれません。

私が実践している清掃の進め方は、いたってシンプルなのですが。部屋の中で物が溜まっている個所ごとに分け、一か所ずつ進めていく事です。部屋にある空いたスペースに一度物を全て放り投げ、その場所に何を置くか選んでいきます。この時に、不要なゴミなどがあれば迷わず捨ててしまいましょう。これを繰り返して行くと、進捗よく部屋の片づけが進んでいきます。

先日、名古屋にある会社の後輩が引越しする際に部屋の掃除を手伝ったのですが、開始前は足の踏み場もないゴミ屋敷のようでした。先ほど紹介した方法で後輩にも指示を出し、玄関から始め、2時間ほどで掃除が完了しました。TVにも出られそうな勢いの部屋を2時間ほどで完遂したことで、掃除における効率の重要性を再認識しました。普段からもう少しやっていてくれれば、1時間ほどで終わったと思うのですが。

毎日、多忙で清掃する間も無い方も多くいるのではないかと思いますが、週に1度15分でもいいので清掃にかける時間を作っても良いのではないでしょうか。コツコツ行う努力がいざという時に、役立つ日が来ると思います。

オススメする清掃の順番!in 名古屋

名古屋に住んではや1年。何気なく日々が過ぎ、気づくと年末。今年も、もう終わりか~なんて思っていると何かし忘れた感じがしますよね。
そうです、年末の大掃除!やっぱりきれいにお部屋を清掃して、気持ちよく新しい年を迎えたいですよね。

でも、何から手をつけたらいいかわからない!なんてことありませんか?私はよくありました。お風呂清掃して、トイレ清掃して・・・あ~もう面倒!やめた!という具合に…。そうならないようにするには、いい方法があるんです!それは、清掃をする順番を決めるということ。それも、その順番を決める際、大事なお約束があるんです。

ずばり『自分に自信をつけること!』これが大事なんです。清掃しても、誰もほめてくれない場合ってありますよね。せっかくがんばってきれいにしても、ほめてもらえないと人間ってへこむ生き物じゃないですか?
逆に、「きれい!」ってほめてもらえたらやる気って出るんですよ、本当です。ほめられて伸びるタイプっていますよね?まさにそうなんです。

でも、ほめてくれる人がいない!一人暮らしなんだ!って場合もありますよね。そんなときは…自分で自分をほめましょう!
でも、自分に厳しい、うまくほめられない場合もありますよね。そんなときは、自然と自分をほめる言葉が出る魔法を使いましょう。それは、『ピカピカにする』ことなんです。ピカピカ?それが何?ってお思いになるかもしれません。

でも、普段汚いところ、例えばガス台まわりとか、汚れているところがきれいになったらどうでしょう?思わず出ちゃいますよね、「すごいじゃん、私!」そうです、清掃の順番のポイントは、汚れていて、ピカピカになりそうなところから順に自信を付けてやっていくことなんです。これできっと気持ちよく、長く清掃できると思いますのでお試しください。

名古屋での清掃は重曹を使うのがおすすめ

名古屋での清掃におすすめ道具は「重曹」です。重曹を使うと汚れがとても落ちます。特におすすめなのはフローリングです。床掃除をするのに、クイックルワイパーなどお手軽なものが多数ありますが、年末の清掃の時には固くしぼった雑巾で手でしっかり拭いた方がきれいになると思います。

バケツなど重曹を大さじ一杯弱、水を3リットルほど入れて混ぜます。これを雑巾に含ませ拭くだけです。水は必ず固く絞ります。
これでフローリングを拭くと雑巾は一気に真っ黒になります。拭いた後の乾きもよく、ただの水で拭いたよりもカラっとしているのでとても気持ちがいいです。

また、重曹での掃除はフローリングだけでなく、窓を拭いたり玄関を拭いたりできるのでとても万能です。それでいて値段も安いので、一つ買ったら長く使えます。絶対に一家に一つあるべきです。今は「清掃用」、という文句をパッケージにして売っているメーカーもありますが、安い普通の重曹で十分だと私は思います。注意したいのは、重曹によっては「フローリングNG」など、使用してはいけないものの表示があるのでしっかり確認する事です。

お掃除のコツ!手順を守るだけであなたも掃除が得意に!

名古屋でももうすぐ大掃除の季節ですが、掃除が苦手という方も多くいらっしゃいますよね。今回はそんなあなたでも掃除が得意になる掃除のコツをご紹介していきます。

まず掃除をする際には部屋中に散らばった小物を片付けるところから始めましょう。物が散らばっていると掃除機をかけるのも拭き掃除をするのも一苦労です。また物が少ないだけで随分と部屋が綺麗になるのですよ。

その後は、積もり積もった埃を部屋の高い所から順に床に落としていきましょう。掃除機をかけたり拭き掃除をする前に埃を落とすことが重要です。この順番を逆にしてしまうと、せっかく綺麗にした部屋が埃で汚れてしまいますからね。

小物の片付けと埃落としが終わったら、最後は床のお掃除です。まずは掃除機をかけて床などにある埃や毛を吸い取ってしまい。その後は雑巾でよく汚れを拭き取ってしまいましょう。

いかがでしたか。掃除のコツは「小物の片付け」「埃落とし」「掃除機や雑巾かけ」この3つの手順をちゃんとした順番で行うだけなのです。意外と簡単ですのでお試しください。

名古屋で行う!人のためになって自分のためになる清掃

毎日家の清掃をやるとなると、かなり面倒なものがあります。
清掃だけやっているなら問題ないかもしれませんが、多くの人は清掃以外にもたくさんやることがありますから、清掃だけに手をかけていられません。

そこで、おすすめなのが、人のためにもなって自分のためにもなる清掃方法です。
それは、「寄付」という方法なのです。
例えば、自分がいらなくなった服を寄付する、家具や食材を寄付する、こういった方法を取ることによって、それらを必要としている、日本だけでなく海外の人にもそれが届きます。その結果、自分の家の清掃にもつながります。

それだけでなく、ものが減ることによって、日々の掃除をする際などに物をあちことに動かしながら清掃をしなくてよくなるので、時間も節約できれば、手間も省くことができますし、清掃に対するストレスも一気に軽減できるという、人のためにも自分のためにもなる清掃方法なのです。
ただし、ものが減った状態をキープするということも忘れてはいけません。

清掃を短時間で終わらせるためには・・・

清掃を効率よく行うためにはモノが少ない方が良いですね。モノがたくさんあればあるほど清掃がしにくくなります。できるだけモノを少なくすることを日頃から考えておきましょう。

モノを減らす努力は、たとえば使わなくなったものを必要とする人を探すとか、リサイクルショップに持って行く方法もあります。二束三文の価値しかなかったとしても、お金を払ってゴミとして処分することを考えれば少しのお金でも良いと思えるでしょう。

十分に使えるものだったらリサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があるのですが、故障していたり見た目があまりにも悪ければリサイクルショップで引き取ってもらうことは無理かもしれません。モノにもよりますが人気がないものは買い取ってもらえないのです。

さて、清掃は部屋の中をスッキリさせてから行うと短時間で終わります。大きな家具は移動できないためそのままで良いでしょう。小さな家具は隙間の埃や汚れを取るためにも少し動かしてみると良いですね。

窓掃除にはスクイージーが大活躍

年末というと、窓やサッシの掃除がつきものですね。窓ガラスは、ほこりがついて、意外と汚れているものです。

そんな時に、大活躍するのがスクイージーです。
いわゆる車のワイパーのようなゴムの付いたT字の掃除道具で、よくガラスを掃除する業者が使っています。
最近では、100円ショップでも販売されていますからぜひ利用したいものです。

使い方は簡単です。あらかじめ窓のほこりをさっと掃除機で吸い込みます。ある程度ほこりを掃除機で吸うことで、後の作業がぐんと楽になりますよ。

次に、軽く絞った雑巾で窓をなでるようにふきます。ポイントは、なるべく水分を窓ガラスにつけるような感じにします。
あとは、スクイージーで左上から右上に横に水分をきってやります。

次にその下の部分の水分をきります。下まで水を切ったら最後に右端の上から下までの水をきります。こうすることであっという間にガラスが透明になります。サッシ部分は、雑巾で汚れをさっと拭き取れば完成です。

窓は、きれいになると部屋がとても明るくなります。
ぜひ試してみてください。

清掃に大活躍ワンコインショップ

皆さん清掃でワンコインショップグッズをよく利用されるかと思いますが、ワンコインショップは本当に清掃グッズの宝庫なんです。有名なものがまずぞうきんのセットです。年末に大活躍しますし、普段お子様の学校に持っていかせるにもおすすめです。

そして、除菌シート。お徳用、というものも出ていて、さっと汚れを拭いてパッと捨てるのにとても重宝します。除菌シートのパッケージはあまり褒められたものではないことがあるのですが、シートケースがショップにありますから、気に入ったものをそろえて清掃するのも楽しいものです。

キッチン周りでうれしいグッズが「水だけで汚れが落とせる」スポンジです。流石にギトギト汚れはムリなのですが、少し使っただけのお皿などであれば十分なんです。

昔懐かしい亀の子たわし、洗剤もワンコインショップには充実しています。「重曹」も置いてあることがあり、実はこれは下手な洗剤よりも汚れが落ちますし、環境にとても優しいのです。

面白いものではお風呂場の天井に届くモップ、というものがあります。天井の汚れは手をこまねくことが多いのですが、これがあるとかなり便利です。消耗品ばかり必要な清掃、ワンコインショップを大いに活用したいところですね。

清掃はまとめて、ではなくコツコツと

清掃した部屋はきれいで居心地が良いです。見た目もさっぱり、空気さえも新鮮な気がします。けれど、なかなか手が動かない、面倒だと思いがちです。そして不思議と理由が重なります。時間がない、体調がすぐれない、急な予定が入った、見計らったように妨害されたりしませんか? もし心当たりがあるならそれは無意識な抵抗かもしれません。

清掃に苦手意識を持つ人は途中で終わらせるのが難しい人でしょう。完璧主義者で一度始めたら止まらない、それが分かっているから手をつけない。もしくは自分の領域を大切にし、変化を好まない人も該当者です。

もちろん、本人の自由はありますが一緒に暮らす人間にとっては問題です。そんな時、周囲の人間はどうサポートできるでしょうか。まず一度にまとめてきれいにする、この考えを保留しましょう。代わりに相手に付き合いながらコツコツすることです。この考えは甘やかしている、自立性が育たないと考える人もいるでしょう。しかし、相手の性格が変わるのを待つよりは、自分が変わった方が早いです。

具体的には一部屋の一部のエリアだけを掃除していきます。そしてできたら相手を褒めます。その日の食事をちょっぴり豪華にするのもいいでしょう。変化を嫌う人は動き出すまでが遅いですが、一度動き出すと一気に事態が変化することがあります。もし自分から掃除を始めたらしめたものです。

清掃は物や空間を清潔に保つ面と、心のストレス解消や変化でもあります。相手と自分にご褒美を用意し、ゆっくり進めていきましょう。

玄関の清掃方法

来客の際、玄関は最初に見られる場所です。
そこが汚れていたら、第一印象が最悪となってしまうので、できる限りキレイにしておくべきです。
玄関の清掃は、以下の手順で行いましょう。

まず、「タイルの清掃」。
タイルは、泥やペットの毛などが落ちるので、いちばん汚れやすい箇所です。
新聞紙を濡らした物をちぎって巻くとゴミがくっ付くので、それをホウキで掃き取ると手軽にゴミを除去できます。
その後、タイルに重曹と2倍に薄めたお酢をかけると汚れが浮き上がって来るので、ブラシでこすりましょう。

次は、「サッシの清掃」。
サッシは、細かい汚れが溜まりやすい箇所です。
少し水をかけてから、使い古した歯ブラシなどで汚れを除去しましょう。
その後、雑巾で拭くことも忘れずに。

そして、「ドアの清掃」。
ドアは、ホコリや手垢が溜まりやすい箇所です。
ホコリは、ハケなどを使うと簡単に除去できます。
その後、重曹水(水250mlに重曹大さじ1杯)に浸した雑巾で拭き、さらに水拭きと乾拭きをしたら完了です。